またまたパチンコにハマる

パチンコ依存者が闇金でお金を借りてしまう理由

またまたパチンコにハマる

その後はパチンコにハマるのは早かったですね。
事務所を出て帰るときにはいつもパチンコをしてから帰るようになりました。
そうすることで日中のおばちゃん攻撃によって溜まったイライラがすっきり解消!
もちろん負ける時もありましたが、「明日取り返せばいいや。」という楽観的な気持ちでいました。

 

そのうち仕事が休みの日もパチンコをするように。
アパートは駅近だったので比較的栄えており、歩いて行けばすぐに駅前にパチンコ屋がありました。
そして休日はほとんどをパチンコ屋で過ごすようになっていったんです。

 

パチンコ三昧の日々を続けると、やっぱりお金が足りなくなってきました。
家賃や光熱費分は何とか確保していたのですが、食費やその他もろもろの雑費は足りなくなってきました。
そこで、就職と同時に始めていた財形を崩し、食費や雑費に当てていました。

 

この時パチンコを止めていれば、その後何事もなく平和に暮らせていたのかもしれませんが、当時はパチンコを止めるなんてこれっぽっちも思っていませんでしたね。
罪悪感はありつつも「毎日がんばっているんだからいいだろ。」「自分へのご褒美だ。」などと自分自身に言い訳をしつつパチンコ生活が続きました。
そしてここから自分の過去を後悔することになってしまいました・・・


ホーム RSS購読 サイトマップ